Catelog detail

弊社で取り扱っているUV-C LEDについて

弊社では、UVC LEDを活用した製品の開発・生産・販売を行っております。UVC LEDは、様々な実験レポートより新型コロナウイルス(COVID-19)への有効性や除菌効果が確認されています。

UV-C LEDの新型コロナウイルスへの有効性について

UV-C LEDの下記評価・実験結果より新型コロナウイルス(COVID-19)への有効性が確認されています。

「Assessment of UV-C LED Sterilization Bar Against SARS-CoV-2 」

UVC LEDを搭載した除菌機の実験レポート

実験方法:1㎥のチャンバーに10CFUのバクテリア溶液を均等に噴霧。試料を投入し処理30分後および60分後の空気中のクレブシエラ・ニューモニエ(肺炎桿菌)の数を分析。

「SGS試験報告書」

製品のSGS試験報告書における滅菌率の比較計算は以下となります。
100%-94.3%=4.4×100(コロニー形成ユニット(CFU))の5.7%(30分後にクリアされていない部分)
この部分の滅菌率は93.3%となっているが、この部分に対して滅菌作業を再度30分行うと、
0.057×0.933=0.053181 5.3181%を元の94.3%と加えると99.6181%となります。
(60分後の合計滅菌率(30分×2回除菌作業))

※コロニー形成ユニット(CFU):細菌を培地で培養し、できたコロニー(集団)数。
プランクトン菌は、1平方メートル当りの計算された濃度度で表されます(CFU/㎥).


UVC(紫外線)による殺菌

バクテリア、ウイルス、シスト、カビなどの微生物は、胞子または胞子を使用して増殖します。紫外線を利用すると、DNAが破壊され、成長能力が失われると細胞死が起こり同時に無害になります。

短時間のUVC紫外線照射により、表面、空気、水の殺菌に広く使用されている病原体のDNA構造を破壊することで、99.9%の殺菌効果を達成することができます。

国立台湾大学による微生物の入った培養皿へのUVC紫外線照射実験では、左図のように微生物が減少する結果となりました。
※左より照射前、照射後20分、40分、80分の状態となります。

『国立台湾大学による空気中の微生物濃度の検出実験』

殺菌の仕組み

各微生物の殺菌効果

下記の表は、フィルターで捕らえた微生物の殺菌時間を表しています。※UVC LEDからフィルターまでの距離4.5cm

UVC LEDを使用した製品一覧



  • 仕様情報
  • 図面
  • オプション