当社製品について

message





メッセージ

message


桐生アドバンステックは、桐生株式会社を前身とし、桐生株式会社の時代より液晶パネルのバックライトの光学部品「導光板」の光学パターン設計、生産に携わり、2010年より導光板を使用したLED看板の開発、販売をきっかけとしてLEDに関する部品、LED照明の開発、ODM事業を開始しました。

LED看板の技術を生かした、厚さわずか11mmのLEDパネルライトを商業施設にはじめ、保育施設などに提案・導入し、現在は船舶の天井照明として「日本生産」「高効率」「お客様の要求に合わせた仕様」をモットーに製品ラインナップを展開しております。

2014年から、船舶照明、防爆照明などの専門的なLED照明の開発、生産を開始し、1Kw∼3kwに代替するLED探照灯からパネルライトまで、船一隻すべての照明を提案しており、2020年に向けてLEDをニーズに合わせ、メンテナンスが簡易で工事費用低減を実現しました。






取扱製品について

About products


「自社技術を基準に、お客様の要望に沿った以下の製品を取り扱っております。

・LED耐圧防爆照明(水素、アセチレン対応シリーズ) 
・LED探照灯(1Kw∼3kw代替)
・LEDデッキライト(400W∼1kw代替)
・LED白熱球(60W~100W、750W∼1kw代替)
・LED白熱球(急冷対応タイプ(-65℃))
・LED蛍光管(工事不要タイプ20W、40W代替)」

日本での実績は5年以上あり、船舶用照明の課題であった塩害、振動を克服し、日本の大手通信会社の海底ケーブル敷設船に採用実績があります。耐圧防爆灯では、粉じん・水素に対応しており、防爆規格「T5 IIC」、Zone1、2、21、22に対応しています。蛍光管20W、40W代替から、水銀灯400W代替品まで取り扱っておりますので、現在LGP船などにLED耐圧防爆照明を提案しております。国際規格であるIEC、ATEX、ULや、日本規格TIIS、CMLを取得しているため、船舶以外に塗装工場や化学工場への提案も可能です。

弊社は開発機能を持ち合わせた技術商社です。
日本、台湾の技術を合わせ、お客様に安心安全な優れた製品を提案してまいります。